大好きなマンガに携わる仕事がしたい

藤田 早希(運用グループ)

interview01

転職理由について

当時、マンガに携わられる仕事は多くなく、デザイン学校マンガ学科を卒業後、フリーランスでイラスト業務をしながら事務系の派遣業務を行っていました。
その派遣先としてAmaziaと出会ったのが運命の出会いでした。
ちょうど、Amaziaもこれからマンガ事業に進出するため、マンガに精通している運用が任せられるデザイナーを探しているタイミングでした。
佐久間社長からの熱烈なアプローチと、大好きなマンガに携わる仕事ができる、自分のデザイン学校で学んできたことが生かせられると思い、当社に転職することにしました。

今の仕事について

私がAmaziaに入社したタイミングでは、まだ「マンガBANG!」はGTOを配信していただけの単体アプリでしたが、その後プラットフォーム型のアプリになり徐々に作品も増え、ユーザーが増えていく様を身近で見られたことは、とてもいい経験となりました。
自分が運用しているアプリがたくさんの人に使われるようになって、アプリと共に自分も成長している感じを体験できました。
また、自分が作ったバナー広告や作品紹介に、版権者から「マンガをよく理解している」、「作品の魅力を正しく引き出してくれている」とお褒めのお言葉を頂けた時は、とてもうれしく、やりがいを感じています。大好きだったマンガで仕事ができ、趣味が仕事につながり、とても充実した毎日を過ごせています。

interview02

これから一緒に働く人に一言

ぜひまずは「マンガBANG!」をダウンロードして、使ってみてほしいなと思っています。
なんだか宣伝みたいですけど(笑)、使ってみればこのサービスが他のコミックアプリとどう違うかが実感していただけるだろう、と思うからです。
基本無料で様々なコミックを楽しんでいただける「マンガBANG!」がもっと広まれば、漫画を読むという文化がもっともっと身近になり、業界全体が広がっていくはず。新人漫画家の活躍の場も増えると思います。
ぜひ一緒に漫画業界を変えていきませんか?漫画好きな方なら、きっと楽しめる仕事です。